イエローページジャパンハワイ 2015-2016
47/210

45暮らしの情報201686.この標識は:1.学校2.学童横断路3.横断歩道4.路上に子供87.飲酒運転は:1. 全ての運転手の問題である2. 飲酒運転手だけの問題である3. ハワイでは問題ではない4. 警察だけの問題である88.就業後、車で帰宅する前の飲酒は:1. ラッシュアワーを避けられるので良い2. 一日の緊張をほぐし、安全運転が出来るので良い3. 危険であるので避ける4. 誰も傷つける事はない89.アルコールの影響は:1. 食事直後は、酔いが早く回る2. 空腹時は、酔いが早く回る3. いつも同じである4. 二杯以上飲んだ時のみ、影響する90.アルコールが血液に入った時、その影響を軽くするため:1. 冷水シャワーを浴びる2. コーヒーをブラックで飲む3. 上記1と24. 影響を軽くする方法はない91.警察官から停止命令。飲酒運転の疑いをかけられ、血中アルコール含有測定テストを受けるように言われた時、貴方は: 1. 飲酒をしていない事を証明できれば、テストを受ける必要  はない 2. テストを受けなければならない。拒否すると運転免許を失  う危険がある 3. 交通違反をしていなければテストを受ける必要はない 4. 何もしなくていい92.飲酒運転の疑いをかえられたが、血中アルコール含有量測定テストを拒否。12ヵ月間の免許停止処分になる場合は:1. 飲酒運転で有罪となった場合のみ2. 交通違反で有罪となった場合のみ3. テストを拒否した場合4. 免許証を失う事はない93.公共のハイウェイにある車内での飲酒は:1. 運転していなければ良い2. 後部座席に座っていれば良い3. ピックアップトラックの荷台に乗っていれば良い4. ハイウェイでの飲酒は違法である94.薬物摂取が、安全運転の妨げになる場合は:1. 医師からの処方薬の場合のみ2. 運転中に摂取した場合のみ3. 夜間運転中の場合に限る4. 薬が運転に支障があるか、処方した医師に尋ねることが大  切である95.薬物と酒類の同時接種の影響は:1. 一方だけを摂取する時よりも、影響が少ないので安全である2. 一方だけを摂取する時よりも、影響が強い3. 持病の回復に役立つ4. 運転技術を上達させる96.反射神経と判断力に及ぼすアルコールの影響:1. ビールだけなら影響は少ない2. ワインだけなら影響は少ない3. ウィスキーまたは強い酒は影響が強い4. 血中のアルコール含有量によって影響は異なる97.運転中、車線変更や合流する前に、首を回して辺りを確認する事は:1. 悪い運転習慣である2. 良い運転習慣である3. 必要ない4. バックミラーを使用すれば必要ない98.運転中、車線変更や合流する前に、首を回して辺りを確認しない事は:1. バックミラーで確認すれば良い2. 悪い運転習慣である3. 交通事故の原因になる事が多い4. 上記2と399.運転中、右左折や車線変更の時に、合図する事は:1. 他車がいる場合のみ必要である2. 良い運転習慣である。法律でも規定されている3. 右左折や車線変更中のみ必要で、前もって合図する必要は  ない4. 右左折や車線変更をゆっくりする場合は必要ない100.四車線のハイウェイを走行中。前方に二台の車が並列走行。急ぐ貴方は:1. 左車線の先行車の後ろに接近し、ヘッドライトを点滅させる2. 右車線の先行車の後ろに接近する3. どちらの車線を走行しても良いが、先行車から少なくとも  約2秒間の間隔を空ける4. 頻繁に車線変更をする先行車の後ろに近づく101.図のような交差点に接近。右折をしたい。すぐ背後に後続車がいる場合は: 1. 合図、減速、そして右折する 2. 合図、停止、交差点内の他車  と歩行者がいなくなってから  右折する 3. 合図、停止、信号が青になっ   たら右折する 4. 減速して右折する102.交通渋滞の中、貴方は:1. 他車の割込みを防ぐため、先行車に接近して走行する2. 先行車の急停車に気を付けながら、先行車に接近して走行  する3. 上記1と24. 先行車とは少なくとも約2秒間の間隔を空ける

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です